持家と賃貸物件を比べて

好きな時に引っ越しできて、縛られず身軽だからと賃貸に住み続ける人がいます。または、何かあっても家があれば安心だと考え、不動産を購入する人もいます。それぞれにメリットとデメリットがあり、個人のライフスタイルや人生設計、仕事などによっても左右されてきます。賃貸の場合、固定資産税などを払う必要がありませんし、住宅ローンというものを組むこともありませんので、経済的に身軽といえます。一方で、賃貸であれば更新料がかかったり、家賃が払えなければ退居しなければならないという問題もあります。壁にくぎなどを打ったり、勝手にリフォームすることは大抵できません。持家の場合、ローンの支払や固定資産税など経済的に縛りを受けます。ですが多くの場合賃貸住宅に比べて、持家の方が建築材や設備などの面でグレードの高い仕様となっています。ですからより快適に暮らせるということです。どちらを選ぶかは、自分の支払能力や人生設計を考えて決めると良いです。